何が自分にとって重要なのかをしっかりと見極め分析する

物事には、目の付け所というものは存在するものです。自分のやろうと思っている事に対して、果たして何が重要なのかを見抜くのは大事だと思っております。

例えば私がよく利用する横断歩道の一つに、よく警備員さんが立っています。その警備員さんの役割は、子供守ることです。

どこかの学校で雇われている警備員さんだと思うのですが、その学校の児童が横断歩道を渡る時に何か危険な事が無いかどうかをしっかり見張るのがその警備員さんの仕事です。

したがってその警備員さんにとっては、一番重要なのは子供が事故を起こさないことです。正直それ以外の問題は、優先順位は低い方なのかなと察します。

子供に事故を起こされてしまっては困るので、普通の歩行者とはちょっと交差点に対する目線が違います。すなわち通常の通行人とは、目の付け所が違うというわけです。

FXでチャートを見る時にも、この目の付け所を間違えないようにしたいものです。

もしもスイングトレードなどで取引をしているのでしたら、スキャルピングなどで重視される5分足や10分などはあまり重要ではありません。しかしスキャルピングで取引をしている方にとっては、それら短期の足で見られるシグナルなどは大変重要になってくるものです。

おそらく上記の警備員さんが目を付けていらっしゃるのは、子供の挙動かなと思います。通常の歩行者にとってはその子供の挙動はあまり重要ではないかもしれませんが、その警備員さんにとっては重要というわけです。逆に警備員さんにとっては、あまり重要ではない点もあるのかもしれません。

したがってチャートを見る時には、何が自分にとって重要なのかをしっかりと見極めて分析をするように心がけたいものです。

自分で試行錯誤を繰り返すしか方法が無い

まだ価格が上昇するかもしれないという思考は、裏目に転ぶパターンが多いようです。

例えば、あるバイナリーオプションは次のような失敗を経験しているのだそうです。以下、仮想の為替レートにて説明をさせて頂きます。

1ドル100円の時に米ドルを買い、100.3円にでもなったとします。そのトレーダーとしては、そこで売ってしまうのが賢明なのかなといつも迷うのだそうです。

なぜなら、まだ100.5円にまで上昇をしてくれそうな気がするからなのだそうです。それで、しばらくは売らずに放置してみるそうです。

ところが、そのような判断はいつも裏目に出て失敗をしているそうです。つまり100.5円に上がるかと思いきや、またもや下落になり99円台などになってしまうパターンが多いと嘆いていました。

FX取引をある程度経験しているならば、それと同じ経験をされた方は多いのではないでしょうか。実際、私も多いです。まだまだ価格が上昇をするだろうと思いきや、実はそこが天井だったというパターンは本当に多いですね。

そうかと言って、利食いが早すぎると後々の取引成績に響いてくると言われています。そこがFXの難しいところです。

つまり利食いは早すぎてもいけませんし、遅すぎると上記のトレーダーの方のように裏目に転んでしまうケースも有るからです。

まあ、そればかりは自分で試行錯誤を繰り返すしか方法が無いと思っております。早すぎず遅すぎずの加減を、自分なりに発見するようにしたいものですね。

SBI FXトレード 取引手数料0円 1通貨から取引可能!
SBI FXトレード

更新情報

2014/03/25
何が自分にとって重要なのかをしっかりと見極め分析するの情報を更新しました。
2014/02/26
夕方と夜間の値動きが大きくなりがちの情報を更新しました。
2014/02/25
売買のタイミングや損切りのラインを新規投稿しました。
2014/02/24
早く口座開設をしておく方がベターを新規投稿しました。
2014/02/23
散財を防ぐのが重要を新規投稿しました。
△PAGE TOP